適度に太ることがバストアップに繋がる

MENU

スリムな体だけが魅力的に見えるわけではない

適度に太ることがバストアップに繋がる

 

女性の中には、スリムな体を手に入れるためにダイエットを日々頑張っているという人が少なくないでしょう。

 

なぜダイエットをしたいかの理由は人それぞれでしょうが、スリムになるときれいに見えるから、男性の目に魅力的に映るからだと考えるからだと言う人が多いかも知れません。

 

確かにある程度スリムな方が、女性の間では優越感が得られたり、似合うファッションが多かったりするでしょう。

 

しかし、あまり痩せすぎると女性的な魅力が感じられないという男性が多いので、痩せすぎるのも考え物だと言えます。また、女性には気づいていない人が少なからずいるようですが、男性の全てがスリムな女性を好むわけではなく、むしろぽっちゃり体型の女性が好みだと言う男性は大勢います。特に痩せ型の女性の中には、バストのサイズが小さいために、男性にあまり魅力を感じてもらえないと悩んでいる人が少なくありません。

 

もちろん適度であることは肝心ですが、太っていることは必ずしも女性としての魅力を下げるものではないのです。

バストを大きくするには適度に太ることが効果的

バストが小さいことで悩んでいる痩せ型の女性が、バストを大きくするためにできることには色々なものが考えられます。その中でも豊胸手術のように大きな費用がかからないため実行しやすく、また効果が期待できるもの言えるのが、適度に太るというやり方です。

 

 

ぽっちゃり体型の女性の中にバストが豊かな人が少なくないのは、体の中の脂肪の量が大きく関係しています。バストを構成しているのは一割程度が乳腺組織ですが、その残りの大部分は脂肪なので、体に脂肪を付けることがバストを大きくするために役に立つのです。

 

また、その周囲に脂肪が付くことでバストを大きくするために役立つ乳腺組織を成長させるには、エストロゲンという女性ホルモンが関係しています。その女性ホルモンは卵巣で作られることは有名ですが、実は脂肪の中でも作られています。

 

そのため、太ることによって女性ホルモンの分泌が活発となり、それが乳腺組織を発達させるという方向性からも、バストアップに繋がることが期待できます。

適度に太ることでバストアップを成功させるためには

適度に太ることがバストアップに繋がることは確かではあるのですが、ただ単に太ればそれでいいのかと言うと、実はそうではありません。

 

やり方を間違ってしまうと、バストのサイズは確かに大きくなったものの、体が全体的に太くなっているために、全体的なバランスからあまり大きくなったようには見えないということにもなりかねません。

 

食事をしっかりと食べたりして適度に太ると共に、バストをより効果的に大きくできるような工夫をすると良いでしょう。

 

そのための方法の一つが食事に工夫することで、例えばイソフラボンという成分は女性ホルモンに似た働きを持っているため、それを多く含む大豆食品を食べるとバストが大きくなりやすいとされています。またキャベツにはボロンという、バストの成長を促す成分が含まれています。

 

その他にも、バストの血行を良くして成長を促すためにマッサージをしたり、バストを支えるための大胸筋などの筋肉を鍛えたりすることで、より大きなバストアップの効果が期待できます。